キカキカクのうつわについて

1. レンジ〇 食洗機〇 蒸し料理〇 冷凍保存〇 オーブン× 直火×
急な温度変化には弱いため、急熱急冷にはご注意ください。

 

2. ご使用後はすぐに洗いよく乾燥させてください。カビの原因となります。

 

3. 一部のうつわの表面にはヒビのようなものが見られる場合があります。これは「貫入(かんにゅう)」と呼ばれ、釉薬と土の収縮率の違いによって焼成時に発生します。貫入にはお茶や出汁などの色が染み込みやすく、年月によって変化した模様が陶器の「景色」として昔から茶人らに愛されています。
気になる場合は、食器用漂白剤などをご使用いただくと元に近づきます。

 

4. ご使用の前に都度さっと水にくぐらせていただくと、汚れやにおいが染み込みにくくなります。

 

5. まれに赤やピンクにほのかに色づいているうつわがありますが、これは御本(ごほん)、と呼ばれ、土中の鉄分が焼成中に赤く発色したものです。
偶発性が高く、同じ条件で焼成した場合でも表出の仕方が異なるおもしろい反応です。もちろん、ご使用には問題ありません。

 

写真右は御本(ごほん)が出て赤っぽくなったもの。出てない方(左)に比べ、暖かく土味のある雰囲気になっています。

筆運びによる絵付けの違いや、ろくろによる形の違いとおなじく、御本手も陶器の性質のひとつとして楽しんでいただけましたら幸いです。

 

キカキカクのうつわは、気軽な日常使いを想定して制作しております。


すべて丁寧に検品しておりますが、まれにカタツキ、縁のザラツキ、ゆがみ、ピンホール(空気穴)、絵具のにじみ等がみられます。それらも含め工業製品にはないてづくり陶器の特徴としてお楽しみくださいましたら幸いです。

Share to your friends!